サイトメニュー

手軽な方法で大きな瞳

女性

切らずに糸を埋め込む方法も人気

理想の二重まぶたになれる美容整形として、埋没法と呼ばれる糸を埋め込んでラインを形成していく方法があります。顔立ちに合わせて二重ラインを平行型と末広型のタイプから選べるので、見た目は整形ではなく元から大きな瞳であったかのように馴染みます。費用がリーズナブルなのも挑戦しやすい理由となっており、一点タイプの埋没法であれば六万円前後の費用で両目の施術を行うことが可能です。片目だけが一重という方にも対応しており、元々の目の形を活かしつつ左右のバランスを見ながら自然な二重ラインを作ることが出来ます。外出前の毎日の化粧時に、アイテープや二重のりなどのアイテムを用いて、両目のバランスやラインを整えていた方にも好評です。男性の場合は日常の中で化粧をして目のラインを整える方は少なく、大きな目にするためには美容整形が適していると言えるでしょう。糸を埋め込むだけでは目の脂肪の関係でラインが形成できない場合もありますが、切開法を用いることですっきりとしたまぶたにすることが出来ます。切開の場合はメスや麻酔を本格的に使い、まぶた中心の脂肪を取る場合の費用は両目で二十五万円前後となります。脂肪を取ることで腫れぼったい印象を変え、化粧に頼らずノーメイクでも大きな目元になることが出来るため多くの方から好評です。

埋没法と呼ばれる糸を埋め込む二重まぶたの整形は、手頃な費用はもちろんのこと、施術にかかる時間が三十分前後と短いことも好評です。施術から数日は多少まぶたが赤くなりますが、日常生活を送る上ではほとんど目立たない程度で安心です。休日を利用して日帰りで終わる短い施術のため、翌日の外出にも影響がなく、二重整形のために学校や会社での生活が変化することはありません。数日間はアイメイクを控えることになりますが、眼鏡をかけるなどして目の周辺を隠してしまうことで、メイクをしなくても過ごしやすくなるでしょう。費用が六万円前後と手頃であるため、クレジットでも支払いやすい金額となっており、現金払いで支払いたいという方からも人気があります。事前カウンセリング時にどのような二重ラインにするか、イラストや写真で話し合うため理想に近い目の形になることが出来ます。アイテープなどの化粧でもまぶたのラインが作りにくい方の場合は、まぶたが腫れぼったくなる原因の脂肪を取る必要があります。脂肪がそれほど多くなければ、埋没法で埋め込む糸の点を増やすことでラインを形成し、対応することも可能です。どちらの方法も選べる方の場合は、予算やダウンタイムの長さなどから自分に合ったものを選ぶのがオススメです。

Copyright© 2020 専門知識をプラスできれば目元が自然に仕上がる All Rights Reserved.